←BACK 徒然草目録  
1 / 2 / 3 / 4 / 5

 翌朝、遙日は朝日にベッドの上で目覚めた。横にいるはずの男の姿はない。
 アトリエに下りて見ると天野が筆を取っていた。
 絵は変わっていない。
 にも関わらず、絵の妖気は消え去っていた。
 遙日は素肌にシーツを巻き付けただけで、天野のもとに下りて行った。
「なにをしたの?」
 天野はにやりと笑ってみせた。
「狩野丹海は書き連ねたは良いが仕上げをしていなかった。その絵の仕上げをしたの
さ」
「具体的に教えて」
「表面をはがしてね、月を後光に見立てて阿弥陀如来を描いたのさ。今、そのはがし
た分の修復をしている。」
(ああ、その手があったか!)
 遙日は心中舌を巻いたが、おくびにも出さず、「呆れた、それじゃ贋作じゃない?」
と詰め寄った。
「この世界、贋作が目白押しなんだぜ。贋作家でも喰っていけるな」
 熱心に修復しながら天野は呵々大笑した。

(了)

ネット小説ランキング>ホラー部門>「木蓮(黒い禊ぎ後日談)」に投票

ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。

人気キャラクター投票


この作品が気に入った方は、アンケートにご協力ください。


Q 1 この作品への感想。批評をお願いします。
Q 2 お気に入りのキャラクターを投票して下さい。12月に結果を発表します。

お疲れ様でした。「送信」ボタンを押して回答を送信してください。



←BACK △PageTop  
1 / 2 / 3 / 4 / 5
徒然草目録