←BACK 徒然草目録 →NEXT

櫻の宴 第2章 邂逅

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /10/11/12


 (一)
 オーラと言うのはあるものだ。
 僕はその時、つくづくとそう思った。
 阪急電鉄の嵐山駅で僕たちは朝の10時に待ち合わせをしていた。まさか4人で揃って出かける訳にはいかない。お忍びの道行
きなのだ。僕は伊達と始発電車に乗り、ここまで来た。女性陣はTAXIで来るらしい。彩宮さんはその美貌でとかく目立つ。三枝も
黙っていれば、人目を引く美人さんだ。そんな二人が早朝から旅仕度で町を歩けば噂を呼ぶ。そんな噂が流れれば、響子姉や、
妹の広美は間違いなく僕たちの道行きに気づく。で、TAXIと言う訳だ。まぁ、庶民の発想ではないけれど……
 爽やかな早春の朝。遠くに見える嵐山公園は水墨画に淡い桃色を彩ったように見えている。八分咲きと言ったところだろうか? 桃
色の霞に覆われているようだ。
 僕はコインロッカーの横の壁に背中を預けて、遠くの山々の彩りを愛でていた。
 遠くを見ていたのには理由がある。
 駅の構内はもちろん、手前の道も人でごった返していたからだ。
 僕は彩宮さん程ではないが、雑踏を好まない。それがどうだろう。目につくのはうら若き女性のグループと若いカップルばかりで、
黄色いくちばしから甲高い喧騒が溢れてる。
 これは彩宮さんはへそを曲げる。僕は遠景を眺めながら、無意識に打開策を探していたのだ。
「遅せえな……」
 うんざりした伊達の声が腰の辺りで響いた。伊達は僕の隣でうんこ座りをしている。胸元から煙草を取り出し、火を点ける。三枝が
いたら頭を張り倒しただろうが、僕は注意をする気も起こらないので、あえて無視した。本当に煙草を好きで吸っているのではない。
格好をつけているのだ。伊達は服にも奮発している。僕は言われないと分からないが、伊達のジーンズは2万円もするブランド品らし
い。パステルピンクの派手なポロシャツは、やはりブランド物だ。派手なこと極まりないが、こいつにはこういう派手な格好が似合う
のだから仕方がない。
 僕は伊達の言葉に時計を見た。10時半だ。確かに彩宮さんにしては遅い。と言うか、彼女は遅刻をしたことがない。待ち合わせの
30分前には来ている娘だ。
 連絡するかな? と思っていたら、携帯が鳴った。彩宮さんからだった。TAXIが渡月橋で、渋滞のため、もう10分も動かない
と言う。渡月橋で下りるから、荷物を取りに来て欲しいと言う。
 快諾して、渡月橋を見る。丁度、橋の半ばで止まっていた黒塗りのリムジンから、彩宮さんが下りるところだった。
 豆粒のようにしか見えないはずなのに、まるで眼前にあるかのように彩宮さんの姿が見えた。
 輝いていたのだ。彩宮さんは。
 凛とした美しさのオーラは、周囲の空気を変えて、人目を奪った。それで騒然とした空気までが変わった。老若男女を問わず、人々は息を飲み、淡い桜吹雪を彩った振り袖の少女に魅入った。
「誰? モデル?」
「芸能人じゃないの?」
 そんな囁きが聞こえる。
 続いて下りてきた三枝も注目を集めた。明るい若草色の着物を着こなすには、美人であることが絶対条件だ。三枝はその条件を満た
していた。三枝は着物美人の見本のようだった。
 周囲がざわめくのと、彩宮さんが周囲をゆっくりと睥睨するのは同時だった。
『絶対零度の魔女』と学校で異名を取るだけのことはある。皆、言葉を飲み込み、後ずさって道を空ける。
(モーゼかよ?)
 内心、そう思いながらも、渡月橋へ急ぐ。電話を聞いていた伊達も煙草をもみ消し、僕の後に続く。あの二人の元へ駆け寄るのは若干勇気を要した。不釣り合いもはなはなだしい。


←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 /10/11/12

徒然草目録