←BACK 徒然草目録 →NEXT

櫻の宴 第3章 契り

1 / 2 / 3 /


 (1)
 鈴ちゃんは化粧を直すと言って、手水へと席を立った。はいからさんが脇から支えるように、付き添って行った。鈴ちゃん、化粧なんかしてたかな? 僕は首を傾げた。ファンデーションくらいはしていたかもしれないが、彼女は化粧の必要がないのだ。肌は新雪を思わすような白さで、唇は薄く、紅をささずとも朱をさしたように鮮やかだ。化粧の必要がないのだ。気を落ち着けるのと、涙目を正しに行ったのだろうと思った。
 一見、表情のない冷たい顔で鈴ちゃんの背を見つめていた三枝が、鈴ちゃんの姿が視界から消えた時、静かな挙動ですっと立ち上がる。伊達が何故か怯えた表情で三枝を見上げた。
(―――なんだ?)
 そう思っていると、背筋に定規を当てたような真っ直ぐな姿勢で、三枝は言った。
「―――正彦。ここ片付けてくれるかな? 茶器は私がやるから、割らないように隅へ寄せて置いて頂戴」
「分かった。やっておく」
 答える伊達は青ざめて見えた。三枝は冷え冷えとした声で視線を動かさずに、更に言う。
「神崎。ちょっと来てくれる」
 鈍い僕にも三枝が体の芯から怒っていることが分かった。僕は黙って立ち上がる。三枝は弓を射る時の目で、一瞬、僕を射貫くと、かかとを軸にくるりと反転して、電電宮へとやや早足で進む。頭の上下動が殆ど無い。流石、弓道と茶道で鍛えているだけのことはある。僕はのそりと立ち上がり、姉御の後ろに付く。立ち上がる時、伊達が目線で『気をつけろ』と言った。僕は頷き、腹をくくった。
 三枝は振り返ることもなく、電電宮の前まで進んでピタリと止まった。止まったまま、又、かかとを支点に180度回転して、真っ正面から僕を見据えた。血の気が失せた青白い顔に表情は無い。瞳の瞳孔が死人の様に開いていて映画「ジョーズ」に出て来た巨大ホオジロサメを連想した。背筋が総毛立った。その瞬間、三枝の背後から風が吹き上げた。三枝は櫻吹雪の中、静かに佇んで、僕を見ている。瞳孔が開いているから眼が深遠に続く漆黒の闇へ誘う深い穴に見える。鬼女だと思った。
「神崎、目を瞑ってくれるかな?」
 地を這うような低い声で、姉御は言った。僕は気圧されて、少し後ずさった位置で止まって、「お、おう」と答えて素直に眼を閉じた。次の瞬間、僕は全くの無意識で顎を引いて上体を後ろにずらしていた。鼻先をブンと風を斬って何かが通り過ぎた。「何だ?」そう思って目を開けると、全体重をかけた右の拳を空振りして、たたらをを踏んで三枝が倒れるところだった。僕は反射的に三枝の胴を抱えて支えた。三枝は憤怒の表情で、抱きかかえられた姿勢で怒鳴る。
「なんで、よけるのよ!」
「避けるわ! お前、グーで男を殴るのかよ?!」
「離せ! この外道! 私に触るな!」
「―――離しても良いけど、良いのか? お前、この着物の値段分かっているのかよ?」
 その言葉に、三枝は黙って姿勢を整え、自ら立ち上がる。表情は仏頂面だ。
「で、なんで僕が鉄拳制裁をうけるんだよ? 姉御?」
 心臓がバクバク言っていたが、伊達に哲学者とあだ名を付けられていた訳じゃない。僕は無表情になって、何事も無かったように訊ねた。
 着物の襟を直して、三枝は真顔で訊いた。
「アンタ。自分が何を言ったか理解してるの?」
 ―――? 意味が分からなかった。大恥かいて、キスシーンまで演じたのに、何が三枝を怒らしているか分からない。
「僕は彩宮さんを愛してると叫んだぞ?! ちゃんと鈴ちゃんを抱きしめた。それが悪いのかよ?」
 三枝は怒った猫の様に僕を見据えて黙り込んだ。怖いから止めて欲しい。
「その前よ! あんた、杉浦先輩を助けるって断言したんだよ? まさか、忘れたと言うの?」
「当たり前じゃないか! 響子姉は、僕の身内だ。本当の姉以上の人なんだ!」
「それ、二股と言うんだよ。神崎、姉弟で肉体関係が成立する? 杉浦さんを助ける? どうやって助けるのさ? あの人は又、貴方を求めるわよ。貴方はそれに贖えるの? 貴方はね、大音声で二股宣言したんだ! 鈴があそこで引いたのは、神崎、アンタを失いたく無かったからよ! 今、ここで誓いなさい。もう二度と杉浦先輩とは行き会わないと!」
 三枝はここに来て、大音声で僕を怒鳴り付けた。その気迫は今の剣道の師である鳴神先生に匹敵するものだった。以前の僕ならその気迫の前に素直に頭を下げて、意味もなく謝ったかもしれない。だけど僕は鈴ちゃんと死線を潜り抜けたのだ。三枝が怒るのも理解出来るようになっていた。
 僕は三枝の右手を両手で包み込むように握り、三枝の瞳を見つめた。そして微笑んで言った。
「明美。ありがとう。心配してくれて」
 三枝は僕の言動に狼狽えた。
「な、なによ。そんな台詞は要らない。誤魔化さないで! ちゃんと杉浦先輩と切れると近いなさい!」
「それは無理だよ」
 その瞬間、三枝の左手が振り上げられた。避けられる平手打ちだったが、僕は避けなかった。『ぱーん!』良い音が参道にこだました。首で受け止める姿勢だったから、三枝の満身の力が籠もった平手打ちを受けても、体勢は崩れない。僕は微笑んだまま、三枝を見つめる。そして三枝は左の掌を僕の頬に当てた姿勢で動けなくなった。三枝は阿修羅の様な顔で僕を見据えて叫ぶ。
「この、大嘘つき!」
「そう言われても仕方が無い。三枝。だから、今のは避けなかった。だけど、三枝。今の僕がここにあるのは、響子姉(きようこねえ)がいたからだよ。響子姉がいなかったら、僕は人を愛することが出来ない欠陥品になっていた。あの震災の日に響子姉が僕を抱きしめて泣いてくれた。それで、ようやく僕は泣けるようになったんだ。だから、響子姉が救いを求めたら、僕は救うよ。僕と響子姉の間に、確かに間違いはあった。けれど、それは一度きりのものだよ。もう、間違いは犯さない。響子姉もそう言っていた。そう言う心の切り替えは出来ている。僕は鈴ちゃんしか愛さないし、抱きもしない。それだけは誓える。でないとお泊まり旅行になんか来る資格もない。僕を信じてくれないか? 三枝?」
 僕の対応が三枝の想像を超えていたのだろうか? 明美は毒気を抜かれた表情で、陸に打ち上げられた魚の様に口をパクパクさせていた。そして、次に左手で僕の顔面を鷲掴みにして遠のける。
「―――離して! 離しなさいよ! この鬼畜!」
 僕が三枝の右手を握っているので、三枝が身じろぎ出来ないことにようやく気づいて、僕は三枝の右手を離した。三枝は飛び下がるようにして、僕との距離を取る。僕の間合いから外れて三枝は息を整える。顔も赤くなっていた。
「アンタ。女には魔物だわ。全くどういう体術よ? 剣道にはそんな体術があるの?」
「……? お前が勝手に動けなくなっただけだろ? 僕は何もしてないぞ?」
 三枝は荒くなった呼吸を整えると、大袈裟にため息をついた。
「―――本当に魔物。神崎。何時か言おうと思ってたけど、アンタ、女への対応考えてやりなさいよ。本当に魔物だわ―――」
 僕は言われた意味が分からなかった。分からないから黙っていると、三枝は又、ため息をついた。
「アンタって昔からそうよね。人の良い顔しているのに、変に頑固。誰にも言わずに勝手に決める。そして決めたことは絶対に曲げないんだから。杉浦先輩も鈴も被害者よね。こうなると―――」
 そして三枝は笑っているのか泣いているのか分からない顔で僕に近づき、右の拳をゆっくり伸ばして、僕の額をコンと小突いた。
「神崎、そんな顔するなよ。私も辛い。私は神崎がそういう奴だって知っていたから、被害者になれなかった。それはそれで救いだと思うよ。神崎。これだけ約束して。次に泣きたくなったら鈴に縋る。誓える?」
 僕は自分の顔を両手でゴシゴシとこすった。僕の顔つきが三枝を悲しませていると思ったからだ。そして自分に言い聞かせるように誓った。それで三枝はようやく笑った。苦笑に近い笑顔だった。



←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録