←BACK 徒然草目録 →NEXT

櫻の宴 第四章 黄昏の狭間

1 / 2 / 3 /


(一)
 結局の所、僕ははいからさんと二人にされて置き去りにされた。
 鈴ちゃんは走り去ってしまった。いや、着物だから裾を乱して本当に走ったわけではない。なで肩でいながら、身体の芯に真っ直ぐな棒を通している様な凛とした姿勢は崩さず、優雅な足裁きの摺り足で立ち去ったのだが―――その移動速度はやはり走り去ったとしか形容出来ない。ちょっとしたホラー映画を見るかの様だった。和服での優雅な摺り足のお手本の様な歩みなのに、まるで摩擦係数が存在しないかの様に、そう。フィギャースケートで氷のリンクを滑る様に、瞬く間にその姿を僕の視界から消して行った。
「……なんだよ? いったい?」
 そうぼやきながら僕は未だしゃがみ込み咳き込んで苦しむ『はいからさん』の背を摩っていた。はいからさんの目尻からは涙が零れている。余程、苦しかったのだろう。喉が笛の様な音をたてている。後数刻締め上げていたなら、間違い無くはいからさんは鈴ちゃんに絞め殺されていたに違いない。自分より背丈の高い相手を締め上げる鈴ちゃんの臂力には恐怖を覚えざる得ない。あの細腕のどこからこんな怪力が生まれるのだろう?
 般若の形相ではいからさんを締め上げていた鈴ちゃんだが、はいからさんの名を聞いたとたん、怒りを忘れて脱力し、蒼然となった。心配した僕が肩に手を置くと、ビクンと身体を震わせた。
 驚いた。
 振り向いたその顔に表情があった。
『絶対零度の魔女』
 学校中からそう評される程に感情を表に出さない鈴ちゃんの顔は激しい焦燥感に泣き出さんかの様だった。
 何か伝えようとしたのだろうか? 鈴ちゃんの口が酸欠の金魚の様にパクパクと開き閉じる。だが、言葉は出ない。そんな自分に業を煮やしたかの様に鈴ちゃんは激しく頭を振った。鈴ちゃんは慌ただしく懐から小さく畳んだ紙を取り出し僕に押しつけた。それが何かを訊く暇も与えずに、鈴ちゃんは早口でまくし立てた。
「先に行ってて! 彼女をお願い。すぐ追いかけるから! 間に合わなかったら化野念仏寺で待ってて! 陽が落ちる前には必ず行くからね!」
 そして脱兎の様に姿を消した。
 小さく畳まれた紙は嵯峨野の地図だった。ルートが書き込まれ、尋ねる場所で何を見るかも綿密に書き込まれている。伊達の立てたプランから嵯峨野を選んだのは鈴ちゃんだが、神経症かと思う程に綿密に書き込まれた地図を見る限り、この旅行には相当な思い入れがあった様だ。
 はいからさんの介抱をしながら、慌てて姿を消した僕の彼女を思い浮かべる。メロスの様だと思った。『走れメロス』のメロス。自分の代わりに囚われの身となった友人の命を守る為、ひた走りに走ったメロスの姿が鈴ちゃんと重なる。恋人の僕だから分かる。鈴ちゃんはメロスの様に大切な誰かの為に、今、全力疾走しているのだ。
 僕は去り際の鈴ちゃんの言葉を思い返す。
「貴方には言うまでも無いけれど―――いい? 何があっても驚いてはダメよ。明美にそう伝えて。あの娘は心得ているから。伊達君をいなしてくれるわ」
 夏休みの異常な体験を思い返した。
 あんな異常な事がそうそう起きるとは思えない。けれど、鈴ちゃんが言う以上、常識の埒外の事が起きるのは覚悟した方が良いだろう。僕ははいからさんを凝視する。こうして苦しんでいる以上、彼女は真っ当な人間だとは思う。けれど、彼女の登場は常軌の埒外ではなかったか? 彼女の言動はどこか常識から逸脱していなかったか?
 僕は頭を振って彼女を化生とする自分の考えを打ち消した。鈴ちゃんは言った「彼女をお願い」と。鈴ちゃんは、はいからさんに、はぐれた恋人と会わせてあげると約束していた。僕には鈴ちゃんの様な能力はないけれど、追われていると言う彼女を守り通す位はしないといけない。鈴ちゃんが「頼む」と言ったのだ。事情はまるで把握出来ないけれど、僕は一命を賭してでも彼女を守る義務がある。それが僕と鈴ちゃんの関係なのだから。



←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録