←BACK 徒然草目録 →NEXT

櫻の宴 第5章 送り火
第1項

1 / 2 / 3 /


 淡雪は狭い路地を選んで優雅に歩を進める。白く長い尻尾をピンと立て、ゆらゆらと揺らして歩む。着いて行く方としては人一人がやっと通れる路地などで、苦労が伴う。明美が着物を傷つけないよう細心の注意を払わねばならないので、どうしても遅れが出る。竹藪の隙間を縫う様に歩いているので、方向感覚が分からない。太陽の位置で確認しようにも、頭上は新緑の竹のアーチで覆われている。竹林の迷路巡りをしているようだ。時折、どこからともなく、桜の花びらが風に舞い降りて来る。人の声はまるでせず、野鳥の囀りが木霊する。
 随分な距離を歩かされた。はいからさんの明るい笑顔に影が差す。
「淡雪はこんなに行動範囲の広い猫ではないのに、どうしたのでしょう?」
 僕は答えに窮した。淡雪は雌猫で家猫だと聞いている。餌に窮しなければ家から出ることも希だろう。羽生三悟なる人物の手元を離れて久しい可能性がある。そこには事件性があるように推測された。淡雪ははいからさんをどこへ誘おうと言うのだろうか?
 細い路地からやや広い道へ出て、味わっていた閉塞感から解放された。寺の門前に出ていた。清涼寺の門前だった。ここも観光スポットとして名高い。寄りたいと思ったが、淡雪は僕らに休むことを許さず。東へと北嵯峨方面と進む。今度はやや広い道だ。観光地からは大きく外れることになる。北嵯峨にも観光スポットは点在するが、中心の観光地からは大きく距離が離れているので、こちらを回るのは余程の好事家に限られる。
 周囲には田園風景が混じるようになり、人影は綺麗に消えた。人影と共に物音も消え、梢を揺らす風の音と、時折、聞こえる鶯の声が高く響く。後は僕らの足音のみだ。道は比較的広く、僕たちは並んで歩くことが出来た。とは言え、道は舗装されている訳ではない。黒い腐葉土から白っぽい野道にいつの間にか変わっている。乾燥して土埃が立つので、明美は裾を相当気にしている。周囲は竹林の小道から完全な田園風景へと変わった。見渡す限り畑で、農家の小屋が点在する。けれど、人っ子一人も目にしない。まるで世界に僕らしか居ないような錯覚に陥る。不安が入道雲のように湧いてくる。
 けれど、淡雪はそんな僕らを意にも介せず、早足で前を行く。
 堪えかねて口を切ったのは伊達だった。
「おい。俺達はどこへ連れて行かれているんだ?」
「北嵯峨へ向かっているから、直指庵じゃないか?」
「なんで人が居ないんだ?」
「観光コースじゃない。農家の人は、お日様がてっぺん回ったら仕事しないんだろうよ」
「本当について行って大丈夫なのかよ? 相手は猫だぜ?」
「きまぐれも起こさず真っ直ぐ案内してるじゃないか。信じなくてどうする?」
 会話に加わらなかった、はいからさんと明美は息苦しそうだ。着物で歩くには随分な距離を歩いている。顔はやや上気しているが、それでも精神力で汗を抑えているのは流石と言えた。軽装の僕や伊達はとっくに汗をかいている。それでも口をきく気力はないらしい。
 唐突に広い道に出た。
 直角に北へ向かう道で、舗装はされていないが轍の跡がある。遠くに小さくバス停が見えたので、車道を兼ねているらしい。淡雪は僕らを振り返ると、バス道を北へと歩み始めた。進行方向にはこんもりとした森に覆われた古刹がある。大きな古刹の背後は大きな池で周囲を桜で囲まれているので、薄桃色の霞の雲があるように見えた。
 僕は地図を取り出し、その古刹を確かめた。
 ―――大覚寺?
 確かに直指庵に向かうには、この道しかない。だが、はいからさんには鬼門ではないか?
 遠回りしてでも避けたい古刹だが、淡雪の足取りに迷いは無い。他のメンバーは黙って淡雪の後をついて行く。やや送れた僕は(ままよ!)と内心叫んで、追い付いた。まさか、大覚寺には寄るまいと思った。
 だが淡雪は躊躇無く、大覚寺の門を潜ったのだった。



←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録