アルゴ!White Christmas
(1)

      徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


 朝、実家の母から電話があった。
 誕生日を祝う言葉を聞いて、今日が自分の誕生日であることに気づいた。
 母は「ちゃんと自炊をしているか? 野菜を取っているか? 睡眠は足りているか?」と矢継ぎ早に尋ねて来る。適当にあしらって、電話を切った。その時、ベランダの窓から駅前のロータリーが見えた。ロータリーの中心に立つ杉の木がクリスマス仕様に飾られているのが見えた。完徹ですっきりしない心の襞から黒い感情が生まれた。
「……リア充、爆発しろ」
 声に出すと益々、心が黒く染まった。僕はふて寝を決め込むことに決め、やりかけの作業を放り出したまま、布団にくるまった。

 チャイムの音に眠りから呼び起こされたのは、午後三時を回った頃だった。僕はぼりぼりと頭を掻き、目を擦る。ふらりと立ち上がり、防犯カメラの映像を見る。NHKの集金人なら居留守を決め込むつもりだった。最近、あいつらは相手をしたらしつこい。まるで税金を取り立てるように「義務ですから」と離れない。「TVなど無い!」と答えても「携帯を持ってるでしょう? 視聴環境があるじゃないですか」と言う。そもそもTVと言う情報媒体が斜陽にある中、わざわざNHKなど見ないのだ。
 僕が見る視聴媒体はパソコン配信のアニメのみだ。
 防犯モニターには、この寒空の中、半袖のTシャツにデニムのジーンズと言う出で立ちの丸い顔に丸いメガネを掛けた丸井と言う同級生だった。僕の所属するサークルの責任者でもある。
 僕は自分の格好を見る。
 二日前から同じスェットの上下で風呂にも入っていない。無精髭も伸びている。だが、この男相手に見栄を張ることもない。僕はインターホンの会話ボタンを押し、言った。
「今、開ける。ちょっと待て」
 ドアを開けると、丸井は満面の笑顔で遠慮無く部屋に上がり込んだ。許可も出していないのに、テーブルセットに腰を下ろし、重そうなリュックを外して太い息を付く。部屋の温度が二、三度上がった様に感じた。
「竜ちゃん、イラストの調子はどう?」
「昨夜、三枚仕上げた。四枚目で躓いている」
「大丈夫? 十枚のカラーイラストは無理があったんじゃない?」
「コミケ前日には仕上げる」
 丸井の顔が引きつる。
「竜ちゃん。それじゃ入稿出来ない。二日前には仕上げてよ~。竜ちゃんはウチの看板絵師なんだから~」
「善処する。スケジュール作る為にお前が学校にインフルエンザだと申告してくれたんだからな。他のメンバーの手前、頑張るよ。上げなかったら珠美辺りに踵落とし喰らいそうだもんな。尻叩きに来たんだろ? 今から取りかかる」
「いや、今日は休めよ。外に出よう」
「―――どう言う風の吹き回しだ?」
 丸井は大きなリュックから紙袋を取り出した。
「十八歳のお誕生日おめでとう。誕生日くらい遊ぼうぜ。俺が良いところへ連れて行ってやるよ」
 丸井は下卑た笑いで眼鏡をキラリと輝かせた。

       △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録