アルゴ!White Christmas

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4



 頭をガンッと殴られた気がした。
 テロップの下には今、人気絶頂のアニメのヒロイン『名無し』ちゃんとヒーロー『春日』が正装して並んで座っている画像がある。手は恋人繋ぎだ。
 確かにアニメキャラの面影を強く残しながらも現実の人間と違和感が無い。
 その画像の下には好みの相手を選択する画面がある。
『女性』『男性』『両性具有』の三つだ。『女性』を選ぶとアルファベット順にずらりと五百人の顔写真が並んだ。
「ヒロインの名前で検索かけてみ」
 と言うので、『名無し』と入れると、『名無し』ちゃんの特設ページに瞬時に変わった。アニメ版の衣装に身を包み、ポーズを取った『名無し』ちゃんの大きな画像の横にはキャラ解説。スリーサイズ。お好みのデートプランが幾つか上げられ、その費用も書かれている。『名無し』ちゃんとデートする権利はオークション制になっていて、入札資格はアルゴのIDがあることだ。現在入札数は二十五万を超えていて、価格は350ドルを超えており、それも見ている間に跳ね上がって行く。僕は悲鳴を上げた。
「なんでこんなに高いんだよ!?」
「それはな、一人のキャラに付き一体の儀体しか用意されていないからだ。心配するな。お前はオークションに参加しなくても、権利を獲得出来る密約を交わしている」
「なんで、そんなこと出来るんだ?」
「アキバ特区の自治会代表ののりちゃんはリアルでの俺の知り合いだったんだ。アルゴでは猫耳の獣人のブリーストで冒険者としてもAランクの凄腕なんだぜ? で、お前の初めての画集の販売権を譲渡したんだ。勝手に話を進めて悪かったが、お前はそれだけ評価されているんだよ。十八になったら、アルゴにデビュー出来る。これから新宿のアルゴセンターへ行って、登録と儀体デザインして、軽くダイブしようぜ。な? 悪い話じゃないだろう?」
「シャワー浴びて髭剃って来る」
 僕は短くそう答えた。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録