アルゴ!White Christmas
(2)

 BACK← 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 /


 『龍樹』は余程、儲かっているのだろう。新宿アルタ前の一等地の広大な敷地を買い占めて、巨大なアルゴセンターを建てた。二十階建てのその建造物は、一階が吹き抜けになっていて、大きなモニターがいくつもぶら下がっている。モニターにはアルゴの観光名所がリアルタイムで映し出されている。一カ所人だかりが出来ているモニターがあり、僕と年格好が似ている少年が映し出されている。アルゴのトピックスを写すモニターで、何でもステータスアップのアルゴのレコードを更新したらしい。
 アルゴは地球を模して作られた広大なバーチャルリアリティの世界だ。地球上では見られない奇景も多い。
 柱の側にはパンフレットが多数置かれており、アルゴのツアープランが多種多様に載っている。
 奥にはカウンターがあり、ツアーの申し込みや、儀体の申請、アルゴへの加入手続きの窓口があり、窓口の上にはアルゴの通過であるアルゴドルと現実のUSAドルとの為替ルートが示されている。金融窓口では現実の貨幣とアルゴドルとの交換や入出金が出来る様になっている。課金アイテムを売っている窓口もある。
「スゲーな……」
 馬鹿みたいな感想しか出て来ない。
「体験したら、もっと凄いぞ。えーっと、入会の窓口は……あった! あそこ空いてるぜ! 行こうぜ!」
 窓口に並ぶお姉さん達は美人ばかりだった。そのことを興奮して伝えると、丸井はにべもなく、「アルゴには美男。美女しかいないぜ」と答えた。

「いらっしゃいませ。ご新規の方ですね? 担当の新谷美枝と申します。暫しの間、お付き合いお願いいたします。それでは、こちらの用紙にご住所とお名前、生年月日をご記入頂けますか? その間、IDカードをお預かりさせて頂けますか?」
 僕はあらゆる個人情報の入ったIDカードを取り出して渡す。先進国の住人なら誰でも持っているもので、DNA情報まで入った代物でキャッシュカードにもなる。健康保険証にもなる。
「恐れ入ります。お客様。こちらの端末からパスワード入力をお願いします」
 アルファベットと数字のキーが並んだ横から見れない様にカバーの付いた電卓の様な端末でパスワードを入力する。
「ありがとうございます。しばし、お待ち下さい」
 新谷お姉さんはカウンターの奥に消えた。
 その間に必要事項を記入する。同意書にサインした後は、儀体の希望項目の記入になる。
 儀体の種類は人間種の白人にした。性別は『男性』『女性』『両性具有』とある。僕は横に座った丸井に尋ねた。

 BACK←     △PageTop →NEXT

1 / 2 /

徒然草目録