アルゴ!White Christmas
(3)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /


 エスカレーターを上がったホールに近未来的デザインの露出度のやたら高い制服を着た金髪碧眼の肉感的な美女が立っていた。胸にタッチパネルの機器を抱えている。

「アリス。お疲れ様。こちらのお方が赤城竜司様です」

 新谷お姉さんにアリスと呼ばれた女性は、深々と僕に頭を下げる。ふくよかな胸の谷間に目が釘付けになる。

「赤城様の儀体を担当させて頂く、アリス・スチュアート2級技師官です。よろしくお願いいたします」
「ここからはアリス技師官が担当します。わたくしは持ち場に下がらせて頂きます。引継は完璧に出来ておりますので、ご安心を。それでは」
「赤城様、こちらへどうぞ。儀体のデザインを決めましょう」

 アリスお姉さんは極上の営業スマイルを浮かべた。
 アルゴセンターではセクシーで美人のお姉さんしか雇わないのだろうか?

 アリスお姉さんは僕を個室に招き入れた。広い個室の中央に全裸の男が直立不動しているので、肝を抜かれたが、それは本物と寸分違わぬホログラム映像だった。

「これが赤城様のベースとなる儀体のホログラムです。まずは顔から加工していきましょう」

「あ、顔なら決まってるんです」

 僕はバックからスケッチブックを取り出し、目的のページを広げて見せた。アリスお姉さんは驚きの声を上げた。

「これ、ゲームのスクラップ・キルの主人公じゃないですか? 版権とか取らないとこのままの顔には出来ませんよ」
「あ、僕。キャラデザ担当したんです。版権は僕にあります」
「まぁ! まぁ! まぁ!」

 アリスお姉さんはオーバーリアクションで驚く。

「ハンドルのスター・ドラゴン! イラストレーターのスター・ドラゴン先生本人でしたか! こんなにお若いとは! ちょっと、待って下さい!」

 アリスお姉さんは奥の部屋に引っ込むと夏の同人誌即売会でウチが出した同人誌を持って来た。

「是非、サインをお願いします!」

 サインをするとアリスお姉さんは「キャッ」と喜びの声を上げ、その豊満な胸に同人誌を抱き寄せる。代わって欲しいと思った。

←BACK △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録