アルゴ!White Christmas
(4)

←BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


 僕は正五角柱の水晶の柱の上で目覚めた。新谷お姉さんのコーディネートで購入しておいたエルメスのスーツ姿で横臥していた。上体を起こすと、五人の神官がそれぞれの角に立っている。

「希人よ。アルゴへようこそ」

 厳かに唱和する。これがNECであるところのシチズンかと感慨に耽る。一人一人のシチズンに人格があると言うのは嘘ではないらしい。アルゴの社会システムを動かしているのは、彼らシティズンだから、丁寧に接する様言われていたので、僕は頭を垂れる。

「スター・ドラゴンです。よろしくお願いします」

「スター・ドラゴン様。目眩などはございませんか?」

「では、こちらへ。住民登録をして頂きます。訪問のお目的は観光で間違いないですね?」

 住民登録を済ませ、窓口で預金を金貨で500ドル下ろして、教会の外へ出る。腰のサーベルの違和感が異世界へ来たのだと言う実感を抱かせる。
(丸井の奴が待っているはずだが……)と広場を見渡す。するとスーツの奥からトルルルルと着信音がした。『賢者の板』だ。

 動画付きメールだった。

 細身の眼鏡イケメンが「スター・ドラゴン。アルゴはどうだい? 広場の前に馬車を用意してある。早くきな。アキバ特区まで飛ばすぞ」

 思わず吹きそうになった。あのまん丸の丸井が細身の眼鏡イケメン?
 お互い、馬車の前で合流して、お互い涙が出るまで笑い合った。

「スター・ドラゴンだ。先導よろしく」

「ジョン・マックスエルだ。まかせろ」

 馬車は特注品らしく、内装がリッチで、揺れを殆ど感じない。

「町から町へ行くワープポイントの様なものは無いのか?」

「無い。移動は基本、徒だ。目的地の町の教会でセーブするんだ。次からは最後に立ち寄った町にダイブすることになるんだよ」

 王都ベネチアの西の門を出て、オリエント街道を西へ進む。馬車の速度はやや急ぎ気味だ。馬車にはシチズンのメイドが二人いて、サンドウィッチを勧めてくれたり、紅茶を煎れてくれたりした。二時間程の行程が終わりに近づいた。ジョンは金無垢の懐中時計を取り出すと時間を確認する。馬車の窓を開けて身を乗り出す。

「おおーーー。見えて来たぞ! スター・ドラゴン。特別自治区・アキハバラだ!」

 その言葉に僕も窓を開けて身を乗り出す。風が冷たく冬が近いことを示していた。
 

←BACK   △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録