アルゴ!White Christmas
(5)

BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


  特別自治区・アキハバラを立ち上げたのは、のりちゃんと言う女傑とその仲間による功績だと言う。特区・アキバは小国家並の規模の自治区で、世界中のオタクが集まっている。

 それまでは、コスプレ儀体は謂われの無い差別に遭うことも多かったそうだ。これを一箇所に集めるのは、アルゴ全体の自治の安全性からも、コスプレ儀体による差別から抜け出すにも良い発想だった。特区・アキバの政治を任されているのはのりちゃんを始めとする三人の女性で冒険者だと言う。

 七大英雄の一角、シルフィア・レス・ダンディビィーの私兵部隊『血風隊』に今も席を置き、シルフィアの口添えで法王と謁見して特区の許しを得て、この城塞都市を買い取ったのだと言う。その代金もシルフィアから出ているらしい。
 のりちゃん達は同人誌やフィギャー、グッズの販売をアルゴ全土で展開し、シルフィアからの借金も半分は返していると言う。

 アルゴの世界のオタクにとって、のりちゃんとシルフィアは足を向けて寝られぬ存在なのだとジョンこと丸井は説明した。

 僕はアルゴのオタクにとって英雄とも言うべきのりちゃんと言う女性に興味を持った。会う前から胸が高鳴った。長い廊下をくねくねと何回も曲がって進んだ。曲がり角にはドアがあり、衛兵が立っていた。皆、僕達に最敬礼をする。

 最後のドアを潜ると、広い吹き抜けのホールに出た。ホールには螺旋階段があり、上へ登る様になっている。これまで通って来たところとは雰囲気が違う。

「もしかして、王族のプライベート空間なのか?」

 誰ともなしにそう尋ねると、先頭の娘が答えてくれた。

「はい。そうです。今はのりちゃんとその親しい方のみが使われています」

 おひ。今、この子、自分の主を呼び捨てにしなかったか?
 やや、大きいドアの前で先頭の娘が止まった。

「のりちゃんは中でお待ちです。どうぞ、ごゆっくりご歓談下さい」

 ぺこりと一斉に頭を下げてバルキリー娘達は去って行く。取り残された気分でジョンを見ると、瞳で「早く開けろよ」と言って居る。

 ままよとドアをノックすると、「どうぞ。開いてますわ」と可愛い声が答えた。
 ドアを開けると、目の前にメイドがいた。猫耳メイドだ。

「ようこそいらっしゃいました。スター・ドラゴン様! もう会いたかったんだから!」

 といきなり首根っこに抱きつかれた。身長は150センチ程度なのに育つ所が育ちきっている。トランジスタグラマーと言う奴だ。胸に巨大なクッションを押しつけられて居る様で呼吸が苦しい。何とか離そうとするのだが、腕力が男並みに強い。

 パーン!

 ハリセンの音がして、メイドの後頭部を強打した。床に倒れたメイドが間をおいて「―――痛い……」と涙する。

「いきなり抱きつく癖を出すなと言ったでしょ! 自治会長としての尊厳と礼節を持って下さい!」

 ハリセン片手に肩で息をしているのは巫女装束の和風美少女だ。瓜実顔で大きな瞳は兎を思わせる。

「いきなりのご無礼お許し下さい。わたしは自治会長の秘書官・二条院五月と申します」

 ぺこりと頭を下げる。

「―――じゃぁ、ここに寝転がっているのが―――」

「特別自治区・アキハバラの自治会長のりちゃんです」

 二条院さんは絞り出す様な声で応えた。と、メイドが海老が跳ねる様に起き上がると二条院さんに詰め寄る。

「五月ちゃん、いきなりハリセンはないわー。ウチ、言うなれば国家元首やねんで」

「あんたが節操以て行動すれば、ウチもハリセン常備せんで済むんや!」

 そうか、ここでは秘書官がハリセン常備してるんだ。流石はアキバ。奥が深い。

←BACK    △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録