アルゴ!White Christmas
(6)

BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /


「軍務中にすまんなぁ~ 実は今、アキバの未来に関わる大きな商談をしちょるねん。そこで、どうしても夜美ちゃんの協力が必要になってなぁ~。急ぎ、来てもうた次第やねん」

「そうなのですか? わたしにはただ、宴会をしている様に見えるのですが……」

「商談も詰めの段階になるとこうなるんや。それより、見てみ。この色男。本物のスター・ドラゴン先生やで! 今日、アルゴにデビューしはったんや!」

 夜美は朗らかに微笑んだ。

「それは、アルゴにようこそ。わたくし、先生の大フアンです」

「あ、ありがとうございます。こ、光栄です!」

 僕は席を立つと、礼をして上ずった声で応えた。この高校生のセーラー服姿をした姫カットの長髪美少女から目を離せない。

「あの? わたしの顔に何か?」

「いや、見惚れてしまって……」

「―――はい?」

 夜美は眉を寄せた。その一瞬、.不穏な空気が醸し出される。剣呑極まりない。

「まぁ、聞いてぇな。夜美ちゃん」
「―――はい」

 殺気を消して笑顔で振り返る夜美。この娘、本当に男嫌いの様だ。

「実はな、このスター・ドラゴンはんの初のイラスト原画集をこちらのジョン・マックスエルはんの仲介でうちらが独占販売権を得るちゅう話やねん」

 夜美は興奮でのりちゃんに前のめりになって言った。

「凄い話じゃないですか! スター・ドラゴン先生のイラストはシチズンの間でも高く評価されています。どれ程売れるか想像もつかない!」

「落ち着いて。夜美。それには条件があるのよ」

 五月が冷静な声を掛ける。流石にのりちゃんとの連携は阿吽の呼吸で取れている。

「どんな条件でも無理して飲むべきでしょう。シルフィア様からの借金も一気に返せれるかもしれないんですから!」

「おおっ! 夜美ちゃんもそう思うか?」

「―――二言はないわよね?」

 のりちゃんと五月に叩き込まれて夜美はたじろいだ。不穏なものを感じたのだろう。

←BACK    △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録