アルゴ!White Christmas
(7)

BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 / 4


 アルゴからログオフすると、頭がクラクラと酔った様に回るのを感じた。あの後、しこたまに飲み、ずいぶん酔った。そんな仮想現実の世界の出来事が、現実世界に戻っても尾を引いて居るようだった。僕とジョンはアキバ特区の王城の客室があてがわれ、そこでベッドに横になってから、ログオフした。次にログインするときは王城の客室で目覚めることになる。
 カプセルの上部が開き、緑の液体が排出される。僕はゴホゴホと肺に入った液体を吐き出した。
「大丈夫ですか?」
 色っぽい声がそう尋ねて来る。アリスお姉さんだった。見上げる僕には胸の谷間が飛び込んで来る。
「立てますか? 初めてダイブされた方にはアルゴ酔いでふらつく方も多いのですよ?」
 そう言って右手を差し出してくれる。僕はその手を握って立ち上がった。
「大丈夫です。ちょっと感覚の違いに戸惑っただけです」
 そう言って、照れ笑いをした。アリスお姉さんは笑みを返してくれる。
「こちらのシャワー室でグリーンスープを洗い流して下さい。お着物はシャワー室の入り口に置いておきますね」
 その指示に従いシャワー室へ向かい、シャワーを浴びる。笑みが自然にこぼれてくる。夜美の美しい顔が脳裏に焼き付いている。服を着て、シャワー室から出ると、アリスお姉さんがデスクに向かいPCに何か入力をしていた。僕が出て来た気配にアリスお姉さんはこちらを振り返る。白衣姿が眩しく見えた。
「アルゴはいかがでしたか?」
「最高です。あれがバーチャルリアリティだなんて信じられません」
「それは良かったです。次のダイブのご予約入れられますか?」
「入れます。イブの日まで毎日午後三時に予約させて下さい」
「分かりました。予約入れておきます。イブにご約束が出来ましたか?」
「一応は。すぐログオフするかもしれませんけど……」
「その時はわたしが慰めてあげましょうか? わたし、あいにく、イブは予定が無いものですから」
 アリスお姉さんは舌をぺろりと出して笑った。からかわれているのだと思った。
「その時はよろしくお願いするかもしれません」
 僕も笑顔で軽口を叩く。
「ああ。丸井様からメッセージが入っています。このままログインを延長するので、先に帰っておいて欲しいとのことです」
「……分かりました」

←BACK    △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 / 4

徒然草目録