アルゴ!White Christmas
(8)

BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /


 黒を基調とした地味な仕立ての高級車が夜美専用の馬車だった。
 僕らが向かい合わせに座ると、馬車は出発した。町中を抜け、山岳地帯へと向かう。山岳地帯の道は舗装もされていない九十九折りの悪路だった。僕は取っ手に捕まり、振動から身を守りながら、視線は夜美から離さなかった。

 どう言うコツがあるのか?

 夜美は馬車の振動など無い様に、姿勢正しく腰掛けて、微動だにしない。
 瞑目していた夜美が口を開いた。

「この和服はね、貴方を試したのよ。本当に『ゴースト・イーター』の夜美のフアンなのかをね。古いアニメだし、未だに固執する熱狂的フアンがいるとは思えなかったから……」

 静かな口調だった。僕は振動で舌を噛みそうになるのを避けながら、尋ねた。

「―――そ、それで、ぼ、僕は合格だったかな?」

「貴方は本物だった。昨夜の宴会での会話でも分かっていたけどね。『ゴースト・イーター』であんなコアな話出来ると思わなかった。正直、楽しかったわ。今日はわたしに合わせて和服で来るし、ああ。本物なのだなと思ったわ」

「そりゃ、嬉しいよ。僕も楽しかった」

「わたしは貴方のイラストの熱狂的フアンだし、そんな人にイラストを描いて貰えるのは光栄だと思うわ。けれど―――」

 夜美はそこで口を閉ざした。僕は再びその口が開くのを待つ。

「けれど、わたしは貴方の好意に応える術を持たない。わたしはのりちゃんや五月とは違うの。本質的に男嫌いなの。これは治しようがないわ。リアルでもここアルゴでもわたしは処女なの。アルゴでの活動はもう四年になるのにね……。アルゴにダイブする人の大半がSEX目的だし、その快感もリアルを超えると聞くわ。普通、四年もアルゴに居れば性に開放的になる。わたしは異端なのよ。だから、わたしなんかに固執しても無駄よ。代わりを捜しなさいな」

「いやだね」

 僕は即答した。

「君は僕の理想の体現者だ。こうして見てるだけで幸せな気分になれる。他の女性じゃこうはならないよ」

 夜美はジト目で僕を見る。暫し、沈黙があった。

「―――な、何かな?」

 沈黙に堪えきれず、僕が尋ねると、

「貴方、女慣れしているじゃない? もてるでしょうに……」

「それこそ誤解だ。僕はオタクで絵ばかり描いていて、女の子と付き合ったこともない。同じオタクの女友達は結構いるけれど、異性として意識したことはない。少女漫画や乙女ゲームは随分しているから、女の子との会話術は学んだけれど、れっきとした童貞の高校生だよ」

「そうよね。年下でもあるんだわ。わたしとのりちゃん、五月は高校時代からの親友でね、みんな、十八歳の誕生日にアルゴにデビューしたのよ。四年前になるわね。わたし達は剣道や空手の有段者と言うこともあって、ジョブ選択では冒険者を選んだわ。コスプレ儀体は差別されることが多くてね、他の冒険者と喧嘩騒ぎを良く起こしたわ。そうは見えないかもしれないけれど、わたし達、特に五月は血の気が多くてね。喧嘩騒ぎを起こすためにダイブしているかの様だった。おかげで、レベルや念度は鰻登りに上がったけどね……。わたし達のチームは人気があって名指しの護衛任務に事欠かなかったわ。おかげで、高校三年生で、一流企業の中間管理職並の収入があったわ。妬まれたわ。嫌がらせも受けた。でも、刃傷沙汰は起こさなかった。あの時までは―――」

 その時、馬車が止まった。

←BACK    △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録