アルゴ!White Christmas
(8)

BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /



 夜美達三人はアルゴにデビューして三ヶ月程経っていた。コスプレ儀体の美少女三人組の冒険者の噂はすでに広まっていた。下手なBクラスの冒険者よりは腕が立つと言われ、警護の仕事が指名で入る様になっていた。羽振りが良かったのだ。
 その日も警護の仕事を終え、酒場で馬鹿騒ぎをしていた。そこを他の冒険者に絡まれたのだ。絡んで来た男の数は十五名。皆、Bランク以上の冒険者だった。目をつけられていたのだろう。
 のりちゃんがなぁなぁでいなしていたが、道化者呼ばわりされて、胸を触られた五月が切れた。巨体の男を店の壁へ投げて叩き付けた。
 男達の殺気が膨れ上がり、武器を抜いた。
「待った! 店に迷惑かけられへんやろ? 外に出ようや」
 のりちゃんがやむなく喧嘩を買った。
 全員で店を出た。先を進む夜美達三人の後ろに荒くれ男達が続く。路地に入った所で夜美が先頭の男を切り倒した。
「のりちゃん、五月、逃げろ!」
 多勢に無勢である。しかも男達はそこらのごろつきではない。狭い路地なら一対一で勝負が出来る。剣士である夜美が盾になるのは当然だった。斬りながら逃げた。だが、男達は仲間が落命しても構う様子が無い。追い詰められた結果、運の悪いことに広場に出た。
 男達は八名。皆、頭に血が上っている。
 チェーンメイルを着た男に夜美は殴り倒され、剣を失った。のりちゃんと五月が攻撃魔法を放ったが、敵にも魔道師がいて、ふさがれた。こうなると数の差でどうにもならない。
三人は散々殴られた後、服を剥かれた。
「そう言うやり方感心しないわね」
 静かな声が闇夜に響いた。そこの月の女神が具現化した様な銀の美少女が立っていた。一目で高位エルフと分かる気品があり、白い皮鎧姿から冒険者と知れた。その美少女の横には闇を凝縮したような雰囲気の大柄のダークエルフの剣士が冷たい目で男達を見据えている。二人からは静かに怒気が放たれている。
「なんだ? エルフの姉ちゃんも仲間に入れて欲しいのか?」
 剣を構えて男の一人が月の女神に手を伸ばした、次の瞬間、男は真っ二つになり血潮を撒き散らして倒れた。ダークエルフの男が斬ったのだろうが、誰もその剣筋を捕らえられなかった。魔道師数名が炎の矢を二人に放つ。矢は淡く光る二人を取り巻く壁の前に消え去る。念度の壁だ。それも尋常の念度では無い。
 男達は自分たちが逆らってはならない相手に攻撃を見舞ったことに総毛立った。
「シルフィア様にドロス様? 申し訳ありません。ご無礼をお許し下さい」
 男達は見事な変わり身で土下座する。
 シルフィアは軽愚するように鼻を鳴らした。
 その瞬間、雷撃が男達を消し炭に変えていた。
 夜美達は初めて見る七代英雄の力の片鱗におののきながらも平伏して、礼を述べた。
「あなたたち、一言も助けを求めなかったわね。気に入ったわ。わたしの弟子になりなさい」
 シルフィアは微笑んでそう言った。その間に、ドロスは毛布を調達して無言で裸同然の三人に渡した。

「わたし達はシルフィア様とドロス様に心酔したわ。二年間の修行の後、シルフィア様の私設部隊・血風隊に入団した。大義の名の下、多くの命を斬り捨てて来たわ。アキハバラ特区はのりちゃんとシルフィア様の発案で去年設立されたばかりのものよ。わたし達はその統治が軌道に乗るまで血風隊から派遣されているのよ。分かった? 芸術家の貴方とは住む世界が違うのよ?」
「―――それがどうしたの?」
「わたしは人殺しなのよ?」
 夜美は分からないのかと苛立った様子で声を荒げた。
「アニメの夜美だって、悪霊に憑かれた人を斬ってたじゃないか? それに、僕は闇落ちして、仲間を斬る様になってから、夜美は美しくなったと思っている。さっき、滝の前に立つ君を見て創作意欲がかき立てられた。僕にとって君は刺激的なモデルでしかないよ」
 僕の言葉に夜美は目を丸くした。そして真摯に見つめる僕の視線から目を外した。
「貴方は馬鹿だわ……」
「芸術家なんて馬鹿の集まりだよ」
「本当、馬鹿ね。不思議な人だわ」
 夜美は心からの笑みを初めて見せてそう言った。その微笑みは僕を虜にする魅力に溢れていた。

←BACK    △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録