アルゴ!White Christmas
(9)

BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /


 遊歩道の紅葉の下を並んで歩いていたら、夜美が突然、振り返り言った。

「―――なによ?」

「なにが?」

「なに、ニヤニヤ笑ってずっとわたしを見ているのよ? 何か変?」

「変なところはないよ。綺麗だよ。こうして歩けるのが嬉しいんだ。見惚れているんだよ」

「―――なっ?」

 夜美は顔を朱に染める。

「わたし、貴方のそう言う所、苦手だわ……」

「傷つくなぁ。女性は異性に見られて美しくなるものだよ」

「わたしは美しさなんかいらない。異性は総じて苦手なのよ」

「じゃあ、僕の視線には慣れてもらわないと。なにしろ、クリスマスまでに君の絵を仕上げるのだから……」

「努力するわ……」

 夜美は固い声でそう答えると俯いた。
 視線を避ける為だろうか? 夜美は遊歩道を僕の一歩先を進んだ。僕は夜美のヒップからうなじまでのラインに見入りながら、遊歩道を上る。丁度、遊歩道の横を流れる渓流を遡る形になる。渓流は時にせせらぎに時に滝へと変化する。七段の奇形の滝を登り切った所で夜美は足を止めた。

「ここよ。この下に名物の茶屋があるわ」

 後を歩く僕には少し前から、藁葺き屋根のてっぺんが見えていた。遊歩道の下にあるアルゴには珍しい和風家屋に興味が惹かれていた。茶屋と聞いて得心がいった。

「なるほど」

 と答えて、夜美の前を横切り茶屋へ下りる階段へ飛び移り、振り返って夜美に手を伸ばした。

「じゃ、行こうか?」

 夜美は呆気に取られる顔をしたが、すぐに笑みを返し、僕の手を取ろうとして固まった。

 表情を失った夜美に、「どうしたの? 行かないの?」と尋ねると、夜美は伸ばした自分の腕に唖然として見入っていたが、僕の声に我に返り、伸ばした腕を凄い勢いで引っ込め、抱きかかえる様にした。

←BACK    △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録