アルゴ!White Christmas
(9)

BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /


「なにをする気?」

 詰問口調で夜美は言う。

 僕は訳が分からず、間の抜けた声で「いや、手を引こうと思ったんだが……」と答えた。

 夜美は怯えた様に後ずさる。

「なぜ、手を繋がないといけないの?」

 声が震えている。

「いや、手を引いた方が安全だろ?」

「いや、無理。無理だから……。わたし男性アレルギーだから……」

「……そう。そりゃ、悪かった。じゃ、下りようか?」

 突っ込みたい所はあった。だが、僕は伸ばした手を引っ込め、何事も無かった様に誘う。夜美は「―――うん」と頷いて僕の後を下りて来た。しおらしい態度だった。

 正直、男性アレルギーのくだりは問い詰めたい所だったが、それをすると、夜美が二度と会ってくれない予感がして、訊けなかった。

 茶屋は古い日本の民家を再現したものだった。『お休みどころ 猫っ子』と看板が出ている。夜美はこの茶屋の常連で、顔も身分も知られていた。作務衣を着た猫娘の案内で奥の座敷に通された。客の数もまばらだが、夜美の後ろを歩く僕に客と店員の視線が集まる。静かだった店内にざわめきが生まれ、店の厨房からは押し殺した嬌声が聞こえる。

 落ち着かない僕の様子に、夜美が謝る。

「ごめんなさい。わたしの所為だわ……」

「このざわめきが? なぜ?」

「わたしが異性を連れているのが、皆、信じられないの。わたしの男嫌いは有名だから……」

 そう語る夜美の表情は寂しげだった。
 僕たちは抹茶を啜り、栗饅頭で小腹を満たした。その間、僕たちは無言だった。遊歩道の帰り道、夜美はぽつりぽつりと語った。

「わたしは言い寄る男を片っ端からはね除けて来たのよ。それでも力尽くでわたしをものにしようとした男もいたわ。わたしはそいつらを斬り殺したわ。知ってる? アルゴでの殺しはリアルでの殺しと変わらないの。五感が完全に再現されると言うことは、腕を斬り落とされたら、その痛みもリアルに感じるの。だから、殺されたら、その恐怖も痛みも感じるのよ。その意味でわたしは人間辞めていると言えるわね」

 僕にはかけるべき言葉が無かった。暗に夜美が僕に忠告しているのは分かった。僕が無言でいると、夜美は下から僕の顔を覗き込み、言った。

「わたしのこと、怖くなった?」

「―――いや。それも君の魅力なのだと思う。それに君になら、殺されても本望だね」

 と、唐突に夜美は僕の右手を取った。次の瞬間、僕は一本背負いで石畳の道にしたたかに打ち付けられていた。全身に痺れるような痛みが走り、肺の空気が全部抜けて、呼吸困難になった。むせこみ伏したままの僕に夜美は馬乗りになり、短刀を僕の首筋に突きつけた。

「どう? 怖いでしょ? 苦しいでしょ? この状況で同じ台詞が言えるの?」

 答えようとしても、むせこみ、言葉が出ない。僕は仕方無く真摯に夜美を見つめて、微笑んだ。
 夜美は驚愕に目を大きく丸く見開き、たじろいだ。

「なぜ、そんな瞳をしているの? なぜ、笑えるの? 怖くないの?」

 僕は僕の首筋に短刀を押しつける夜美の手首に優しく触れた。短刀がころりと地に落ちた。僕の呼吸が整ってきた。

「怖がっていたのは、君だ。ずっと怯えていたんだね。その十分の一でも僕に背負わせてくれたら嬉しい」

 夜美は力を無くし、上半身を僕の胸に倒れ込ませた。そして夜美は泣いた。声を殺して静かに泣き続けた。その間、僕は夜美の黒髪を撫で続けた。

←BACK    △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録