アルゴ!White Christmas
(4)

BACK 徒然草目録 →NEXT

1 / 2 / 3 /


 夜美は半時程泣き続けた。泣き止むと静かに立ち上がった。僕に背を向け、着物の乱れを直している。

「今、顔をみないで」

 夜美はそう言った。

 僕は勇気を出して、夜美の手を握った。夜美は逆らわなかった。

「貴方は不思議な男。最初からわたしの男性アレルギーが出なかった」

「そう……」

「天性のプレイボーイなのかとも思ったわ。でも、貴方の瞳には邪念が無かった。貴方、本当に男なの?」

「僕は男だよ。童貞野郎だから淫らな妄想ばかりしているんだ。でも、君は特別なんだ。憧れていた。君の喜ぶ顔が見たかった。だから、君が苦しんでいるんなら、助けになりたい。武技では適いそうにないから、精神的な支えになりたい。そう真摯に思ってる」

 その言葉に夜美は僕の手を握り返して来た。

「わたし、面倒くさい女だよ」

「うん」

「裏切ったら七代祟るよ」

「うん」

「貴方、馬鹿ね」

「うん」

 僕たちは見つめ合い、クスクスと笑い合った。

←BACK    △PageTop →NEXT

1 / 2 / 3 /

徒然草目録